型華

型染和紙の蓮弁ピアス花唐草RD

¥2,000

蓮の花びら、蓮弁をひとひら、シンプルにとりつけたピアスです。
天平時代、建築物や仏像に多く見られた蓮華の天平文様風の図案を染めてみました。
新潟県長岡市の手漉き和紙、小国和紙に一枚ずつ小さな蓮弁を型染し、レジンで硬化しました。
遠くインド、ペルシャ、中国を伝わって日本に伝来した、エキゾチックな雰囲気の残る古い文様をお楽しみいただければ幸いです。
和装、洋装どちらにもお使いいただけます。

※この商品は1点のみ購入可能です

Add to wishlist (0)

発送までにかかる時間

約3日(土日祝日はのぞく)

詳細情報

長さ(金具頭頂部から)8cm 幅3.5cm

注意事項

*組み写真は、シリーズ全体像です。当該商品はこのうち一点です。
*お届けの際は、専用の箱にお入れしてお納めします。

○素材 和紙、レジン、真鍮、亜鉛合金、ビーズ
○お取り扱い時のご注意 レジンと金属ですので、多少の水分には耐久性があります。繊細な作りになっておりますので、お取り扱いにはご注意ください。

Product Features

商品のこだわり

日本の伝統的染色技法「型染」

古くは室町時代に端を発するとされる、日本の伝統的染色技法である「型染」技法にこだわった染め物です。
型染は最初に、柿渋と膠で耐水加工を施した和紙「渋紙(型紙)」で切り絵をして版を制作することから始まります。その版を生地に置いて、餅粉と糠で練られた「型糊」で型つけをすることで模様ができます。その後、彩色、蒸し、水元(水洗い)など幾多の工程を経て、染め布は完成します。
これらの工程や、用いられる材料道具はいずれも、日本の独特な気候、文化風土によって醸成された、唯一無二の工程であり、日本の風土そのものと言えます。

完全オリジナルデザイン

型華の制作する染め物は全て完全オリジナルデザインです。原画制作、染色、加工デザインまで型華が一貫して1人で制作を行なっているため、基本的に一点物です。
*縫製は専門の縫製作家さんと提携して、加工していただいています。
*型染は本来、繰り返し同じデザインを染色するための技法で、版がありますので、少量の追加生産は可能です。

和と洋 古と新

現代でも違和感なくカジュアルにお使いいただけるように、型華の作品はいずれも、伝統的な和風テイストを盛り込みつつ洋装にも合うデザインとなっています。また、どこか懐かしい香りも加味したものになっています。

職人・ブランド情報

型華(かたはな)

型染と筒描を専門とする染色作家 型染技法にこだわって、染色画、洋服、服飾雑貨、和小物などオリジナル製品を制作、販売。

Customer reviews

お客様の声