glass.saori

梅紋様 ひと口グラス

¥6,930
ひと口、ちょっと楽しみたい時にちょうど良い大きさです。丸窓から見る梅を表現しました。底の「のぞき梅」をふっくらと立体的に彫ってあるのが特徴です。

2層のガラスの表層の色をサンドブラストで削り落として絵柄を表現していますので、色あせたり剥げたりすることなく永くお楽しみいただけます。
Add to wishlist (0)

発送までにかかる時間

7日

詳細情報

直径(口径)55㎜× 高さ100㎜

注意事項

・耐熱ではありません。急激な温度変化にご注意ください。
・手作りガラスのため多少のスジ・アワが入る場合がありますが使用上の支障はございません。
・手作り品のため、模様の配置が写真と多少異なる場合があります。ご了承ください。

Product Features

商品のこだわり

「江戸硝子」のガラス生地

「江戸硝子」とは、江戸時代に生まれた硝子製法を受け継ぎ、東京都内で1つひとつ職人が製造しているガラス製品のことをいいます。機械による大量生産品とは異なり、手づくりだからこそ出せる深みや味わい、デザイン性の高さが特徴です。特に赤色を出すのは難しく、長年の職人技と工房が受け継ぐ伝統的なノウハウが活かされています。

高度なサンドブラスト技術

一般的なサンドブラストでは、「単彫り」という1度だけ削る作業をしてすりガラスのような質感をつくっています。しかし私の作品では、何度も砂をかけて彫り直しをしたり、深く彫刻したり、グラデーションをかけたりとさまざまな彫刻的な技を専門の機材を駆使して製作しています。サンドブラストの特徴的なマットな質感とグラデーションの妙をお楽しみいただけます。

細部までこだわったデザイン

手づくりのグラスは、厚さや色味が1点ずつ異なるため、それぞれの個性に合わせてモチーフを配置し、彫り方を変えて制作しています。ガラスの透明感を活かし底にも模様をつけるなど、正面から背面から上から……どこから見てもバランスよく、ストーリー性のあるデザインと作品作りを心掛けています。「技術を活かしたデザイン」「デザインを活かした技術」を駆使した制作でオリジナルの作品を制作しています。

また、Sandblasted glass engraving(carving)の技法を学び、ガラス工芸&彫刻専用に開発された機材で制作しています。ぼかしや重ねなど、高度な技術を織り交ぜながら表現する——花鳥風月を中心とした和柄をはじめ、ナチュラルで可愛らしい動物柄も人気です。

職人・ブランド情報

glass.saori

サンドブラストガラス彫刻専門です。色被せガラスの段彫りを得意とし、サンドブラストのマットな質感が活きるぼかしや重なりにこだわって作品制作をしております。花鳥風月を中心とした和柄からねこ雑貨まで柔らかで上品な仕上がりに定評がございます。

Customer reviews

お客様の声